.

【空中交通システム】 特許 5635809





【軌道の交差・分岐イメージ】


【軌道の交差】

下図は、幹線道路上を走る例で、道路の交差点上でも、軌道システムが交差する例です。
走行キャビンは、片方が上部走行で、他は懸垂状態で走行しますので、軌道間の間隔は
10センチ程度あれば、自由な速度で、停止する事なく、交差します。

幹線道路上の軌道走行は、比較的スピードを出して走行します。

【軌道の分岐】 下図の例は、幹線道路上の複線軌道から減速し、並行した下部にある単線軌道にアーム を使って、分岐を実施している図です。 単線軌道は、幹線から市街地内に走行する際の例です。 もちろん、別の幹線軌道への分岐にも使用します。

[ 問合せ先メール ] エムニシステムズ


Copyright 2016
m2systems / Sumida Tokyo